読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年のK

【2016年のK】

今年もK-POPを暗い部屋で一人掘りあさり、ガールズグループが来日するとなれば

サイン会、握手会に並び、新宿のガス室でKのド地下オンナが腰をグラインドさせてるとなれば即座に潜入捜査に行く、もはや帰還不可能な筋金入りの売国奴オタクに

なってしまいました・・・トホホ・・・

9musesのキョンリ様、Girls Dayのユラ様etc・・・、その他諸々と”接触”してきたが

やはり日本語が通じないというのはコミュニケーションをとる上で非常に不便だという

ことを心底学んだ2016年でもあった(それはそう)

では2016年好きだった曲を発表します。

尚、このブログは下に行けば行くほど筆者の”想いの強度”が増す仕様なので

全部読んでくれよな!

 

【ELO - ROSE 】

AOMG所属のアーティストELOのEP「8 Femmes」は全編甘酸かつシティ

なR&B、Soulで支配されており彼の美しい歌声に子宮が響きまくってしまった。

GRAYとの相思相愛コンビで作り上げた盤ということもあり文句なしの出来でした

youtu.be

 

【OH MY GIRL - Knock Knock 】

オマガの3rdアルバム収録曲。

ファンキーなギターにソウル風味の味付けが効いたポップス、

私がアイドルに一番歌ってもらいたい楽曲とは正に”コレ”のことなのである

一聴した瞬間、私の心のドアがノックされてしまいました

youtu.be

 

【 Kisum/ 2BEER】

Kはフィメールラッパーが多い国としてあまりにも有名だが、

彼女は他のパワー系ゴリラ女たちとは違い、キュートなルックスとアパレル店員的佇まいで今年も断トツ好きなフィメールラッパー第1位でした。

Kisumがひたすら街を散歩してるだけのビデオなのに

どこか幻想的なルックなのがイイし気だるく緩いラップに

ディレイ感のあるイントロ、洒落たブラス音が鳴った瞬間勝ちを確信しました。

youtu.be

 

【LEE HI - WORLD TOUR  feat MINO of WINNER 】

イ・ハイが約3年ぶりにリリースしたアルバム収録曲

相変わらずソウルフルな歌声は健在で流石、YGエンタで一番歌が上手いオンナである

カニエウェスト「Through the Wire」的高速回転ネタ使いもヒップホップ大好き童貞小僧時代を思い出してしまい涙を禁じえませんでした

youtu.be

 

【TWICE-TT】

2016年MAMAの「女子グループ賞」を受賞し、現在Kのガールズグループの

頂点に君臨するTWICEの3rd

前作2曲「Like OHH-AHH」「CHEER UP」までの個人的な感想をざっくり言うと

「めっちゃスケベで可愛いが絶望的に曲がイケてないシコメングループ」という

印象でシコいけどダサいなと思っていました(ここでTWICEのガチオタに襲撃される)

しかしながら、今作はディープハウスのビートに基づいたポップネスな楽曲に仕上がっており、一聴した瞬間恋が走りだしてしまい、その日のうちにMVを50回再生するキチガイに転生してしまった

一般的にアイドルグループのMVって人気メンばかり登場して出番が片寄ったりするが

、「TT」は個々のメンバーがしっかりとクローズアップされる作りになってるのが

素晴らしいと思うんよ(オタク)

youtu.be

 

【LUNA Free Somebody】

 f(x)ルナの7年ぶりのソロ曲

フューチャーハウスなエレクトロニック路線で最高!と奇声を発したが

、本国では光速ランク外と全く売れなかったようです。なんでや・・・

前髪パッツンのヘアースタイルにヴェトモンDHLのTシャツを着てスキルフルに

歌い踊る姿は正にダンス&ヴォーカル(そんなものはない)の完成系と言わざるを得ないしルナとかいう生命体が好きすぎた1年でした

激痩せなどと言われてますがファンカム見る限り、筋肉質な肉体だと確認できるし力強く、健康的なセクシーといった感じで心配する必要は全くないと思われます(映像から健康状態を把握するオタク)

youtu.be

 

 【Eyedi Sign (Feat. Loopy

 今年はメインストリームだけでなくアンダーグラウンドもよく掘ったのだが、

その中でも特に会心の出来、文句なしだったのがEyediです。

おれが夜な夜なYoutubeをディグる理由、それはこういう未知なる女性と

”出逢いたい”からに他ならない。

Jeff Bernatプロデュースということ以外、ググっても何一つ情報が得られないDOPEさも最高。相変わらずKの沼は広くて深いぜ・・・

youtu.be

 

【 (DEAN) - 21 】

2016年、最も私を”熱く”させた男、でぃんたま(ギャルズ的表現)のアルバム収録曲

彼のキャリアは16歳からラップを遊びで始め、20歳で作曲チームに入り

、21歳のときにはジャスティンビーバーやEXOの楽曲制作をスタートさせるという

憎たらしいまでのエリート街道なのだが、彼のすごいところは他のR&Bシンガーの

誰よりも歌が上手く、顔がイケメンであり、そして男としての色気も兼ね備えてるところなのである。

天は二物を与えずとよく言うが、彼には与えすぎてると思うよ

youtu.be

 

【 Heize Shut Up&Groove(Feat.DEAN)】

私はドSな面構えの都会的な女性が死ぬほど好きなのだが、

「Shut Up&Groove」時のヘイズは正にそれなんよね

先ほど紹介したDEANとの夜の街をクルージンするビデオの

別世界の住人っぷりに悶絶したし、おれがあと何回生まれ変わったら

これになれるのだろうと小一時間考えてみたが結論は出なかった。

シティなR&Bを究極生命体同士が歌い合うという構図がなんとも美しい

「はやくこれになりたい」の頂点ですよ

youtu.be

 

Tiffany-What Do I Do】

少女時代ティファニーのアルバム収録曲。

最後まで「Talk」と迷ったし単純に曲だけの評価なら全然「Talk」の方が

好きなのだが、彼女が苦心して完成させた自作曲「What Do I Do」を

選んでしまうあたり根っからのオタクなんよな

というか、ここまでバウンシーなR&B自ら作れて歌えるアイドル

一生勝てる気がしませんよ

このアルバム制作時の「3秒以内にいい感じがしないとダメ」という

曲に対するルールも死ぬほど好きすぎるし出会って4秒で合体シリーズ

よりも1秒早いので英断だったと言えます

アルバム全体も洗練されており今年一番好きな盤でした

youtu.be

 

【Stellar/Sting

これベスト3に入れたKの有識者(そんな人間はいない)は果たして何人いるかな?

「エッチで綺麗なお姉さんがイイキョク歌う姿に勝るものなし」とは、

私が常々口にしてる人生訓なわけですが

Mono Treeプロデュース時のステラはお洒落でエッチでイイキョクという

役満な状態であり、私が思い描く”理想のガールズグループ”が具現化したような

存在なんですよね

彼女たちは、広大なKのシーンで必死に生き残るため、やりたくもないエロ路線で

体を張るが、国内では300枚もチケットが売れない所謂B級アイドルである

しかしながら「Sting」にはA級では絶対に生み出せないであろうマジックがかかってると私は思います

youtu.be

 

【TAEMIN / Drip Drop】

SHINeeテミンのソロ

私は2016年、Kのシーンを押し上げたのは間違いなくこの曲だと思う

R&Bをベースにしたフューチャーベースジャンルの曲なのだが

これを音楽番組で歌い”勝ちに行ける”Kのメインストリームマジなんなんだ

当初、ブルーノ・マーズ作曲の「Press Your Number」が注目されていたが

蓋を開けてみたら添え物的扱いだった「Drip Drop」の方が全然ヤバかった

というのもイイ

あと、ビデオもテミンのオス性と身体性がいかんなく発揮されており、

アジア人が黒人をバックに従えるという正にK的思考そのものなのも最高

youtu.b  

 

【LADIES' CODE / GALAXY】 

LADIES' CODEの2年ぶりのカムバック曲

不慮の事故からメンバーを亡くし、活動休止を余儀なくされていた彼女たち

よくぞ再び立ち上がり帰ってきてくれた

私は困難や逆境に立ち向かい奮起するオンナたちの物語がどうしようもなく好きなんだ

これが負けざる者たち、不屈の魂ってやつよ。

Mono Tree全面プロデュースによりルックを完全に一新し再び表舞台に帰還した

LADIES CODEは2016年一番美しく神秘的であり続けた。優勝 

youtu.be